動画

自然と家族をつなぐ家 ひたちなか市

    2023-12-28
    茨城県水戸市 閑静な住宅地(55坪)に建つ、建築面積30坪の2階建ての家です。土地探しからお手伝いしました。 ダイニングを中心に、各部屋が配置してある使いやすい間取りです。 南西角地で東側の森を取り込んだ、自然と調和しのびのび暮らせる2階建て、自然素材をたくさん使った家を設計しました。 外観は杉板張りとそとん壁を使い古い蔵をイメージした外観とし、階高を抑えた佇まいを強調。森を取り込んだ東側のデッキで自然を感じながら末永く暮らしていけます。機能性がある外物置が使いやすいポイントです。 内部は真ん中に広いLDKがあり家族の気配が感じるすまい、リビングの吹抜けは2階にいても家族のつながりが感じられます。杉板張りの床と自然クロスを壁と天井に使付ています。リビングと寝室には中霧島壁を塗ってあり体に優しいすまいとなっています。 1階2階共にたくさんの収納があり片付けが楽になります。リビングの大きなデッキも特徴的、庭の庭木から季節感を頂きながらゆったり暮らせる住まいが出来ました。 ・長期優良住宅認定・耐震等級3・こどもエコすまい支援事業活用(補助金) 設計/亀山建築設計事務所  施工/亀山建築
    関連記事
    • 自然素材で暮らす平屋のすまい

    • 森と共に暮らす 蔵の家 ~水戸

    • モデルハウス後編

    • 自然と家族をつなぐ家 ひたちなか市

    この記事をシェア