施工例

蔵で暮らす家~水戸

    2024Mar.14

    蔵のようなデザインのすまいを、から設計がスタートしました。落ち着いたたたずまいの2階建てすまいが出来ました。

    閑静な住宅地(60坪)に建つ、建築面積30坪の2階建ての家です。

    センターリビングを中心に、各部屋が配置してある使いやすい間取りです。

    南西敷地をいかしのびのび暮らせる2階建て、自然素材をたくさん使った家を設計しました。3方は住宅に囲まれていますが、東側は森になっていています。

    道路からの外観はあえてシンプルな外観とし、階高を抑えた佇まいを強調。広い玄関ポーチ・デッキにつながる外物置が使いやすいポイントです。

    内部の真ん中に広いLDKがあり家族の気配が感じるすまい。

    1階2階共にたくさんの収納があり片付けが楽になります。リビングからつながるデッキも特徴的、庭の庭木から季節感を頂きながらゆったり暮らせる住まいが出来ました。

    ・長期優良住宅認定・耐震等級3・こどもエコすまい支援事業活用(補助金)

    1階が黒の杉板張り、2階がそとん壁ホワイトのスチロゴテ仕上げです。 デッキはリビングと外を緩やかにつなげる役目をしています。 玄関から入り奥行きのある土間玄関、洗出し仕上げとして蔵の家を演出しています。奥には土間収納を配置、玄関のざわつきを抑えます。 リビングと吹抜け ダイニングキッチン、対面キッチンが多い中であえて空間を大切に使う間取りにしました。 自慢のキッチン・ダイニングテーブルは食事を盛りつけたり食べたり、勉強をしたりを子供たちといつも近くにいれます。 LDKを中心にトイレ洗面・洗濯脱衣室、浴室とつながります。 2階にの中心にフリースペースを設けました。今後部屋にしてもよし第二のリビングとしても使えます。 2階のシンプルなトイレ、手洗いや収納もついています。
    関連記事
    • 笠間の車庫がある木の家

    • 光のまわる家

    • ひたちなかの家

    • 笠間の平屋

    この記事をシェア