家づくり情報

お金の話

    2018-10-26

    亀山建築の資金計画

    初めての家づくりはわからないことだらけだと思います。
    「建物予算は2000万円くらいが平均らしい」「資金計画はハウスメーカーでしてもらった」「土地は既に持っているから土地代は考えなくていい」これらのことをお客様からよく聞きますが、本当に正しい情報でしょうか?お客様の年収やその先のライフプランによってお客様毎にご予算は異なりますし、既にお持ちの土地でも地盤改良費が別途必要な場合もございます。
    亀山建築では、お客様がトラブルなく、安心して家づくりを進めていただきたいので、お見積もりの金額は総額表記にて提示しております。総額の中には、地盤改良費用、登記費等の諸経費、消費税、外構や電気・ガス・水道工事といった生活するのに必要な工事、造作家具、エアコン等の住宅設備機器が含まれております。不安なことやわからない項目があれば何でも質問してください。

    実際のところ、どのくらいの金額で建てられるの?

    仕様・設備により異なりますが、おおよその目安として、当社のお客様は、建物総額で2,300万円〜3,500万円くらいのご予算の方が多いようです。田舎暮らしの小さな家で2,100万円、家族四人が暮らせる家で2,500万円という実例があります。これらには、無垢材や漆喰・珪藻土などの自然素材の使用、ウッドデッキ、造作家具、エアコンなどの住宅設備機器の設置工事を含めた金額です。設備や仕様により金額は異なりますので、お客様のご予算に合わせてご提案させていただきます。

    ウッドデッキや薪ストーブはどのくらい掛かるの?

    ウッドデッキは20万円から設置することができます。デッキの面積によって金額は異なりますので、まずは設計相談にお越しください。薪ストーブも採用するストーブによりますが、工事費を入れて120万円くらいと思っていただければ大丈夫です。

    資金計画のご相談にのります。

    実際にどのくらいの費用が掛かり、どうやって住宅ローンを借りるのが得策か、はじめて家づくりをする方にとっては、わからないことだらけだと思います。見落としがちな諸費用やお子様の将来の養育費なども含め、プロのファイナンシャルプランナーが資金計画のご相談に乗りますので、お気軽にお問合せください。

    関連記事
    • 関連事例はまだありません。
    この記事をシェア